神経を取っても歯の根を残す 根管治療の重要性

虫歯が神経にまで達しているときには、抜歯の必要が出てくるケースがあります。しかし、抜歯には歯列を乱す原因になるなど、さまざまなリスクがあります。そのため、歯の根を残すための「根管治療(こんかんちりょう)」が重要になってくるのです。

根管治療は、虫歯に汚染された歯髄(歯の神経や血管)を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒し、薬剤を詰める処置。この処置によって、神経を取っても歯の根を残すことが可能になり、歯を抜かない治療ができるのです。このことが、お口の健康、歯列を維持するために大変大きな役割を果たすことになります。

歯の神経の重要性

「歯の神経を取る」というと簡単なイメージがありますが、神経を取った歯には栄養が行き渡らず「死んだ歯」と同じ。できれば避けたい治療法です。これは、抜歯を免れるための苦肉の策といっても過言ではありません。

神経を取ると、歯質が栄養分や水分を保てなくなり乾燥します。また、歯を削るために、歯がもろくなり折れやすくなるのも事実です。歯の神経には痛みを伝えるだけでなく、象牙質への栄養補給や虫歯への抵抗力を維持するといった大切な役割があります。これらの大切な機能は、できれば失わずにいたいもの。根管治療が必要となるまで虫歯を放置せず、できるだけ早めに治療を受けるようにしましょう。

根管治療の進め方

Step1

虫歯に汚染された歯髄を除去します。

Step2

根管内を成形し、根管の深さを測ります。

Step3

根管内部を拡大し、
洗浄・消毒します。

Step4

根管内部に薬剤を
充填し、密封します。

Step5

被せ物を装着する
ための土台(芯・コア)を入れます。

Step6

被せ物を装着し、歯の機能を回復させます。

被せ物の種類はこんなに豊富

審美性も耐久性もすぐれている「e-max」
 

天然歯に近い自然な白さ「ジルコニアオールセラミック」

メタルフリーで身体にもやさしい「ハイブリットセラミック」

被せものについて詳しく知りたい方はこちら

ご自身の歯の寿命を長く保つためには、予防という考えが重要です 最小限の負担で歯を守るために

東京都港区新橋|診療予約|レンガ通り歯科医院

  • ページの上部に戻る
  • MENU
  • tel:03-3593-6800
  • 東京都港区新橋|診療予約|レンガ通り歯科医院
PAGE
TOP